小寺クリニック

患者様の声

59才 自営手伝い 女性

小寺先生との出会いは今から数年前のことでした。
現在88歳の母が、血圧のコントロールが上手く出来なくなり、同時にどんどん体調が悪くなって母自身も家族もどうすればいいのかわからなくなっていた時、内科の先生に薦められて受診しました。その時にいくつか薬を処方していただき、間もなく体調不良が改善したのです。それ以来、母はすっかり先生を頼りにしており、体調が安定している現在も定期的に診ていただいて、血圧以外に出てくる症状にも丁寧に対応していただいております。

そんなある時、私が「突発性難聴」になり、母の付き添いの時に何気なく先生にお話しました。私自身は、耳鼻科の治療をしても聴力は回復しにくいと聞いていたので、少し諦めていました。
すると先生は「突発性難聴はストレスも関係していると思うから、耳鼻科の治療をしながら安定剤を併用してみたら?」と言ってすぐに処方して下さいました。それから一ヶ月ほど経った頃、嬉しいことに聴力検査で聴力が戻っていることがわかりました。今、自身の経験から心療内科の大切さを強く感じております。

小寺先生は、時には世の中の矛盾を熱く語って下さる、そして何でもご相談したくなるような優しい先生です。これからも、母と一緒にお世話になりたいと思っております。