小寺クリニック

よくあるご質問

統合失調症とはどんな病気ですか?

統合失調症は、脳の器質的な病だという考え方が広く流布していますが、筆者は統合失調症も、また心因性のものであると考えています。
簡単に言いますと、発達心理学的に、最初期(0歳~1歳)から、大切な発達課題が、適切な心理的養育環境の不足等によって、クリアされていない。これを建物の建築に例えていうならば、基礎工事がちゃんとできていないことになります。
それが、なんとか思春期青年期までは、もちこたえるのですが、思春期青年期に、心理的に大きな圧力がかかりますから、その時点で基礎の部分から崩れてしまうわけです。
統合失調症とは、そういう心理的事態といえます。